ビジネスセミナー

10月4日(木)

13:00 – 13:20 シスコシステムズ合同会社
13:30 – 13:50

「沖縄県からスマートシティ、産業振興を ~FIWAREを利用した沖縄での取り組み~」
日本電気株式会社

NECは、「NEC Safer Cities」実現の一つとして、本年10月沖縄県に、FIWAREを活用した検証用スマートシティ向けデータ流通基盤を設置し、日本全国・アジアに展開します。
本セミナーでは、沖縄県での取り組みを通してNECが構想するスマートシティ・産業振興へのビジョンについてご紹介させて頂きます。

14:00 – 14:20

「なぜ、いまFIWAREなのか?」
FIWARE Foundation

FIWAREはSmart Cityのみならず、Smart Industry, Smart Energy分野での活用が進んでいます。FIWAREが注目される理由を欧州の事例をもとに紹介します。

14:30 – 14:50

人とロボットの協働を支援するシステム「RoboticBase™」によるスマートビル/スマートシティの実現
TIS株式会社

データ利活用型スマートシティやスマートビルディングを実現するために、IoT、ロボット等から得られる様々な情報をエンタープライズシステムに連携するための仕組に着目しており、その概要をご紹介します。

15:00 – 15:20

「iino, 5km/h」
嶋田 悠介氏 関西電力株式会社 経営企画室 イノベーション推進G

それは移動の利便性を超えて、新しい価値を提供する都市型モビリティ。

15:30 – 15:50

「Smart City × Cyber Security」
PwCコンサルティング合同会社

IoTを活用したスマートシティ計画に押さえておくべきサイバーセキュリティのポイントを、PwCのサイバーセキュリティ領域におけるプロフェッショナルである神薗を講師とし、紹介いたします。

16:00 – 16:20

「クラウドERP freeeが実現するスマート経営」
京都中央信用金庫(freee株式会社)

多くのスモールビジネスでは、会計データや人事労務データを一元管理できていないため、それぞれの情報を集計、転記、加工するにプロセスの中で入力の二度手間や転記ミスなど、業務負担や正確性の担保が課題となっています。
「スモールビジネスを世界の主役に」をミッションに掲げるfreeeが目指す、最新のスマート経営についてご説明します。

10/5(金)

12:30 – 13:20 ダッソー・システムズ
13:30 – 13:50

「ロボット事業の未来~物流市場で起こるイノベーション~」
デロイト トーマツ グループ

未来都市ではあらゆる市場でロボットが動いている、そうDeloitteは確信している。都市インフラで重要性を増している物流市場を例に、ロボット産業の将来を占うとともに、ロボット関連メーカーが今準備すべき構えを概説する

14:00 – 14:20 「豊田市との地域課題の解決と国内外の持続可能な社会形成に向けたデータ分析試行例」
デロイト トーマツ グループ
14:30 – 14:50

「自治体が目指す持続可能な街づくりの実現に向けたエネルギーソリューションのご紹介」
日新電機株式会社

15:00 – 15:20 株式会社島津製作所
15:30 – 15:50

「スマートシティの実現に向けたNTT西日本の取り組み」
西日本電信電話株式会社

NTT西日本では、H24年度より30を超える自治体様とICT連携協定を締結し、ICTを活用した社会課題解決(スマートシティ化)に取り組んでまいりました。本セミナーでは、共同出展している熊本県様・熊本市様との取り組みをはじめとした、ICT・IoTを活用した社会課題解決の取り組みをご紹介します。

16:00 – 16:20

「専門家に頼らなくても大丈夫。誰もが使える機械学習。MAGELLAN BLOCKS」
京都信用金庫(株式会社グルーヴノーツ)

機械学習クラウド「MAGELLAN BLOCKS」では、プログラミングの技術や専門知識は不要。たったの月額10万円から、誰でも簡単に、AIを用いた高度なデータ分析・予測をはじめることができます。